用途/コラム

50代から始める老前整理のすすめ|老全整理のメリットとポイント解説

そろそろ老後に向けて身の回りを整理したい…と感じたことのある50代の人は多いのではないでしょうか。

そんなとき実践しておきたいのは「老前整理」です。老前整理で少しでも身の回りのものを整理して片付けておけば、老後に自分自身が困ったり家族に負担をかけたりすることもなくなります。

そこで今回は、老前整理のメリットややり方を紹介していきます。

老前整理の際に大事なものの置き場所や保管場所に困ったときはどうすれば良いのか、おすすめの対処法なども解説していくので、これから老前整理を始める予定の人はぜひ参考にしてみてください。

老前整理とは?混同されやすい生前整理とは何が違う?

まずは、老前整理とは何かという点から詳しくチェックしておきましょう。

老前整理とは何か?

老前整理とは、40代や50代頃をめどに行う「自分の老後に向けた身の回りの整理」のことを指します。

老後を快適に過ごせるようにしたい、増えすぎた私物に今後困らないように今のうちに整理しておきたい…そんな思いから始めるのが老前整理にあたります。老後に備えて自分自身で老前整理を行っておけば、高齢になってから身の回りの整理が不十分で困ることもなくなります。

老前整理を行うべき年齢については特に決まりはありませんが、目安としては、老後について現実的なことを考え始める50代頃がちょうど良い時期になってくるでしょう。

もちろん、早めに備えておきたいという場合は40代、30代から始めても問題はありません。いずれにせよ、安心して老後を迎えるためには、老前整理というかたちで身の回りの片付けをしておくことに越したことはないということです。

よく似ている生前整理とは何が違う?

よく似ていて混同されやすいものに「生前整理」があります。老前整理と生前整理は何が違うのでしょうか。亡くなる前にものを整理しておくという意味では確かに両者は同じ意味合いになりますが、生前整理は、家族が亡くなった後の遺品整理の負担を減らすために行うものにあたります。

老前整理…自分自身で老後に備えて行う身の回りの整理
生前整理…家族が亡くなった後に遺品の整理に困らないように行う整理

このような違いがあることを認識しておくとわかりやすいでしょう。

老前整理を行うべき理由とは?老前整理のメリット

ではここからは、老前整理をするべき理由や得られるメリットを考えていきましょう。

快適なセカンドライフを迎えられる

老前整理が推奨されるのには、快適な老後の生活に備えられるという理由があるためです。

人によってもちろん価値観はさまざまですが、老後というセカンドライフを迎える際には、一つの節目だからこそ身の回りを整理しておきたいと考える人は多いでしょう。家具や家電、服、書籍、その他趣味のグッズなどが多く、家にものが溢れかえっている人ならなおさらです。

老前整理をして必要なものを整理しておけば、より快適に老後を迎えることができます。息苦しさや慌ただしさを感じることなく、ゆったりと老後を過ごしたい…と感じている人には、老前整理はとてもおすすめです。

十分な体力のあるうちに身の回りの整理ができる

老前整理の良さは、体力が十分にあるうちに身の回りの整理を進めておけるという点もあります。60代、70代になってから自分自身で身の回りの整理を始めるのでは、体力的に正直つらいものがあります。

病気を患ったり、認知症になったり、足腰を悪くしてしまったりすれば、なおさら片付けを進めるのは難しくなるでしょう。

その点、老前整理なら十分に体力のあるうちから整理を進めることができ、自分自身の判断でいるものといらないものを仕分けしていけます。

老後に家族に負担をかけずに済む

老前整理のメリットの一つとして、家族に負担をかけずに済むという点もぜひ注目しておきたいところです。

例えば高齢になって施設に入ってから家族に身の回りの整理を頼むのでは、家族に大きな負担をかけることになってしまいます。自分の夫や妻、子供、きょうだいなどに必要以上に負担をかけてしまうことは、どんな人にとっても本意ではないはずです。

そんなとき前もって老前整理で身の回りのものを断捨離しておけば、いざというときの整理の手間が大きく軽減されることになります。老前整理をすれば、自分にとっても家族にとっても、気持ちよく老後を迎えられるということです。

老前整理のやり方のポイント

老前整理を始める際には、以下のポイントを意識していきましょう。

不要なものを断捨離する

老前整理を進めるためには、まず必要なものと不要なものを仕分けしていくことから始めます。このとき不要なものを見極めるためのポイントは、今使っていないもの・今後も使わないものです。

家具、家電、服、本、仕事関連のもの、趣味のものなど、ジャンルごとに仕分けしていきましょう。そこで不要なものとして出たものを売ったり譲ったり、捨てたりするなどして手放していきます。

また、老後に扱いに困らないためには、できるだけ大きなサイズのものは少なくしておくことがおすすめです。家具や家電なども、扱いやすいコンパクトなものだけを残しておくと良いかもしれません。

断捨離で後悔!捨てなきゃ良かったと失敗しないために正しい断捨離の方法を徹底紹介!断捨離をすることで家は綺麗サッパリになりますが、片付けたあとに「やっぱり捨てなきゃ良かった」と後悔する人が多いようです。この記事では後悔しない断捨離の方法を紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。...

老前整理は時間をかけてゆっくりと行う

生前整理と違って老前整理には体力的にも余裕があるので、時間をかけてゆっくり進めていくのがおすすめです。50代のうちは老前整理をしながら毎日を過ごしていく…といった考え方でも良いでしょう。

そのため、いきなりミニマリストのようにものを減らすことはしなくても一切問題はありません。最初からきれいさっぱりと整理することを目指すと、かえって疲れてモチベーションも落ちてしまうため、ゆっくり自分のペースで進めていくのが老前整理の秘訣です。

家で保管しきれないもののおすすめの保管場所とは?

思い出の品や趣味で集めたものなどは、どうしても処分しきれず困ることも多いでしょう。もちろんその他にも、念のため取っておきたい…と感じるものはたくさんあるはずです。

そんなときは家にそのまま残しておいても問題はありませんが、それでもやはり家の中はできるだけ整理しておきたい…という人も多いでしょう。そういった場合は、トランクルームなどを活用して別途保管場所を確保しておくのがおすすめです。

トランクルームは個人でも借りられる貸倉庫のようなサービスで、宅配でものを預けられるものコンパクトなものから、広々としたサイズの物置まで、さまざまなタイプが会社によって利用できます。

老前整理の際に保管に困ったものをトランクルームに預けておけば、

  • 大事なものを処分することなく家の中をすっきりさせられる
  • 必要に応じていつでも出し入れできる
  • 念のため保管しているものがトランクルームにまとまっていれば家族もわかりやすい

以上のようなメリットがありとても便利です。

老前整理で家の中をすっきりさせて快適に老後を迎えたい、でも捨てたくないものも多い…そんな悩みがある人には特にトランクルームの利用はおすすめです。

また、自分が今後施設に入ったり健康を害したりするようなことがあった際にも、念のための保管しているものがトランクルームにまとまっているとわかれば家族にとってもわかりやすいでしょう。老前整理の際には、このようなメリットも踏まえたうえで、トランクルームの利用もぜひ考えたいところです。

【初めての】トランクルームの種類と選び方を徹底解説!初めてトランクルームを契約する方は、どのようなタイミングでどのようなタイプの貸倉庫を選べば良いのか分からないといった方が多いのではないでしょうか?この記事ではトランクルームの種類や選び方を紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!...

まとめ

老前整理は、50代頃を目安に推奨される快適な老後に向けた身の回りの整理のことを指します。安心してセカンドライフを過ごすためには、老前整理はぜひ時間のあるときに進めておきたいところです。

まずは老前整理のメリットや具体的な方法をチェックしたうえで、不要なものを見極めることから始めてみてください。

念のため取っておきたいものはトランクルームを活用して保管することなども考えつつ、ぜひ老後への備えはできるだけ万全にしていきましょう。

RELATED POST