コワーキングスペースとは?シェアオフィスとの違いはある?利用するメリットを解説!

新しいオフィス環境の一つとして近年注目されている「コワーキングスペース」。

現在何らかの事業を行っている人、これから事業を始めようと思っている人、普段はテレワーク中心のサラリーマンの中には、これからコワーキングスペースの利用を考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし実際に使用するとなると、そのメリットや利用が向いている人、よく聞くシェアオフィスとの違いは何かなど、わからないことは多々あるものです。

そこで今回は、「コワーキングスペースとは何か」という点を詳しく整理しながら、シェアオフィスとの違い、メリット、利用するのがおすすめの人の特徴などをまとめていきます。

読みたい項目にジャンプします

コワーキングスペースとは何か?

まずは、コワーキングスペースの概要や特徴を整理していきます。

シェアオフィスとことなるポイントについても触れていくので、自分が利用すべき施設はどこなのかぜひ見極めていきましょう。

コワーキングスペースの特徴

コワーキングスペースは、さまざまなタイプのビジネスマンが利用する共同の作業スペースのことです。

カフェや図書館のような内装になっており、その中で各利用者は自分自身の作業や仕事、ミーティングなどを行っていきます。

施設内では無料Wi-Fiやフリードリンクなどを利用でき、設備の充実しているコワーキングスペースなら、休憩室やミーティングルーム、個室ブースなどを必要に応じて利用できるのが特徴です。

ノートパソコンやタブレットが一つあれば仕事ができるようになった昨今、コワーキングスペースのような施設の利用は非常にさかんになっているといえます。

個人事業主やフリーランス、テレワークで仕事をする会社員などを中心に、コワーキングスペースはさまざまなタイプの人に利用されています。

コワーキングスペースとシェアオフィスの違い

コワーキングスペースは、いわば共同のオフィスともいえる場所です。

しかし共同オフィスと聞くと、一般的にはシェアオフィスやレンタルオフィスなどをイメージする人も多いのではないでしょうか。そのため「シェアオフィスとは…?コワーキングスペースと何が違うの?」と困っている人もたくさんいるでしょう。

シェアオフィスやレンタルオフィスは、基本的に個室やマンションの一室のようにいくつかの部屋をまとめて利用できるようになっており、利用できる場所も契約によって決められています。法人登記できたり、郵便の受け取り、受付による電話対応・転送が利用できたりするなど、小さなスペースながらも一般のオフィスのような利用ができるのが特徴的です。

これに対してコワーキングスペースは、たくさんの人と同じ場所を共有するかたちで作業・仕事を行うものの、基本的に個室ではなくオープンスペースとなっていることがほとんどです。法人登記や郵便・電話などのサービスにも施設によって制限があります。

ただ、近年は両方の意味合いを持つコワーキングスペース・シェアオフィスも増えてきており、簡単に定義づけできない部分が出てきたのも事実です。

そのため一般的には混同された状態で表現されることも少なくなく、利用する際には、どういった使い方をしたいのかで施設を選ぶことが重要となります。

コワーキングスペースを使う5つのメリットをチェックしよう!

続いて見ておきたいのはコワーキングスペースを使うメリットです。メリットはさまざまありますが、あらためてチェックしておけば、自分にとって理想的な使い方が見いだせることも出てくるでしょう。

利用すべきか迷っているときの判断にも役立ちます。
コワーキングスペースを使いたいときは、以下の5つのメリットをまず整理しておきましょう。

家賃や光熱費の削減につながる

やはり大きいのは、家賃や光熱費の削減につながるというメリットです。

コワーキングスペースを利用して仕事をすれば、一般的なオフィスを構えるのと違い、家賃・光熱費といった負担の大きい経費を安く抑えられます。

毎月高い費用をかけて事務所を借りるより、月額数千円~数万円ほどの相場で利用できるコワーキングスペースを使った方が、コスト削減の意味では非常にプラスです。

事業を行ううえでさまざまな面でのコスト削減は欠かせないポイントになります。家賃負担が減ればその分別の部分に費用をかけられる場合もありますし、その結果新しいビジネスチャンスが生まれることも考えられるでしょう。

事業を始めるにあたってさまざまな手間を減らせる

コワーキングスペースを利用するメリットの一つとしては、これから新しく事業を始める人にとって、多くの手間が減らせるという点があります。

新たにオフィスを構えるとなると、費用だけでなく、契約の手続き、家具や機器の購入、インフラ工事など多くの手間が生まれるものです。

しかしコワーキングスペースであればそれらの設備はすでにそろっているため、大きな手間をかけることなく、気軽に事業をスタートさせられます。

作業がはかどりやすくなる

多くの人の目があるところで仕事をした方が良いのか、それとも一人静かな場所で集中できる方が良いのか、考え方は人それぞれです。

しかし前者の考え方の場合は、コワーキングスペースを利用することで作業が大幅にはかどるようになる可能性があります。

コワーキングスペースでは多くの人が、同じ場所で何らかの作業やミーティングを行っています。そのような場所では刺激も受けやすいですし、緊張感も生まれるでしょう。

特に個人事業主やフリーランスなどはプライベートと仕事の境目がなくなりやすいと言われています。コワーキングスペースのようなオープンな場所で作業をした方が、そういった普段のストレスを減らせるかもしれません。

おしゃれなスペースで作業ができる

オフィス環境をおしゃれかつ快適なものにしたいと憧れを持っていても、なかなかそのイメージを実現することは簡単ではありません。オフィスデザイン会社に頼むのは当然ハードルが高いですし、自分で行うにしてもスキルや費用は必要になってきます。

しかしコワーキングスペースなら、おしゃれなスペースで快適に作業を行うことができます。コワーキングスペースは、おしゃれなカフェのような空間デザインにこだわった施設が多く、格安の利用料で快適な作業環境が手に入るのは大きなメリットになるといえるでしょう。

他業種の人との交流の機会が生まれる

コワーキングスペースはさまざまな人が仕事やミーティングに利用しています。そのため利用していくうちに、他業種の人との交流の機会が生まれることも少なくありません。

ビジネスにおいて人脈、コネクションは非常に重要なものといえます。事務所や自宅に閉じこもって作業するだけでは生まれない出会いや、仕事のチャンスに恵まれる可能性もあるでしょう。

今後多くの人と交流を持つことで事業を展開していきたい人には、強いメリットといえます。

コワーキングスペースの利用が向いている人の特徴

最後に、以上のメリットを踏まえたうえでコワーキングスペースの利用が向いている人の特徴を整理しておきましょう。

以下のような点に当てはまる人は、コワーキングスペースを使うことで大きなメリットを得られる可能性があります。

  • 個人事業主・フリーランスとして仕事をしている
  • 家賃や光熱費の負担を大幅に削減したい
  • たくさんの人が仕事をする場で刺激を受けたい
  • 事業を始めたいが事務所を構えるために必要なことが多くて困っている
  • カフェのようなおしゃれな場での作業環境に憧れる
  • 他業種の人との交流を増やしたい
  • テレワークをするにあたって家以外の集中できる場所が欲しい

このような特徴に当てはまる人は、ぜひ積極的にコワーキングスペースの利用を検討してみましょう。

まとめ

コワーキングスペースには多くのメリットがあり、実際に現在は、さまざまなタイプの人がコワーキングスペースを活用し作業効率化につなげています。

働き方が多様化した現代では、コワーキングスペースのような施設は今後も需要を増していくと考えられます。

特に、ビジネスを始めるにあたって初期コストや手間を大幅に削減したい人にとっては、コワーキングスペースは大きなメリットがあるといえます。

毎月数千円~の費用で格安で使えるところも多いため、まずは自分に合った施設を探してみましょう。

よかったらシェアしてね!
読みたい項目にジャンプします
閉じる