用途/コラム

物が捨てられない!収納が少ない家の片付けで困っている方に楽に部屋を片付ける方法を徹底紹介!

家が片付かない、狭い部屋の中にたくさん物があるがどれも捨てられない…と困ることは、収納スペースの少ないマンションやアパート、そもそも片付けが苦手な人にとってよくあることです。

しかし部屋が片付かない状態をいつまでも放置しておくと、さまざまなトラブルやストレスにつながる可能性があり、自分自身でもデメリットに感じられることは多くなります。上手に片づける方法、収納場所を用意する方法があれば、ぜひチェックしておきたいところです。

そこで今回は、部屋が片付かない原因としてよくあることをピックアップしたうえで、家の中をすっきり片付ける方法を紹介していきます。

家が片付かない・物が捨てられない原因とは?

部屋が片付かないことには、主に以下のような原因があると考えられます。部屋の中に物が常に散乱している人は、以下の原因に当てはまるかどうかをまずチェックしてみましょう。

部屋・家の広さに対して物が多い

自宅の面積に対して家の中にあるものが多いと、「片付かない」と思うことが増えてしまいます。生活していくうえで最低限必要な物以外に趣味の道具、子どものおもちゃなどがたくさんあると、当然ながら物が部屋のスペースを圧迫してしまいます。

そもそも家族の人数に対して狭い部屋に住んでいる場合は、物の収納に困ることが多いです。物が片付かないときは、同居家族の人数に対して適正な家の広さなのかを見直してみることも大切です。

家の収納スペースが少ない・狭い

クローゼットや押し入れなどの収納スペースが家の中にどれだけ用意されているかは、家の構造によって異なります。同じような広さ・間取りの家でも、収納部の数は家によって変わってくるでしょう。

特にワンルーム、1K、1DK、1LDKなどの間取りの部屋は、収納スペースとして用意されている場所が1~2か所しかないことも珍しくありません。それを家族全員でシェアしているとなると、収納場所が狭い、部屋が片付かないとなるのも当然といえるでしょう。一人暮らしの人でも、私物が多ければ1つ程度の収納では少ないと感じるものでしょう。

捨てようとしても「もったいない」と思ってしまう

「もったいない」と感じる心理が人一倍強い場合は、物をなかなか捨てられないことが多く、結果として狭い部屋の中が片付かないほど物をあふれさせてしまうこともよくあります。

捨てようとはするものの、いつも「もったいない」と思う心理が邪魔するせいで部屋が片付かない…ということは多いものです。普段から「捨てる」「捨てない」の選択がはっきりできない人は、散らかった部屋に悩まされがちです。

片付けが苦手

そもそも片付けや整理整頓、掃除が苦手な人も意外と多いでしょう。使った物を定位置に戻す習慣がない、休日は掃除や整理整頓をすることなくつい怠けてしまうなど、困った癖がついていると家が片付かないことも多くなります。

特に片付けが苦手な人が毎日仕事に追われていたり、趣味のグッズをたくさん家に置いていたりすると、家はますます散らかってしまいます。片付けが苦手な人は、あまり家の中に物を増やしすぎないようにしたり、少しでも整理整頓を習慣づけたりするなどして対策を取らないと、部屋はなかなか片付きません。

趣味が多い

たくさんの趣味を持っている人は、その分趣味に関係する道具を部屋の中に置いていることが多いため、家が散らかってしまうことが多いです。

特に本やフィギュア、好きなアイドルのグッズ、文房具や美術品など、何かをコレクションする趣味を持っている場合は、家にある収納スペースだけでは場所が足りないことがほとんどです。趣味のグッズが増えてしまったせいで部屋がどんどん狭くなり、家族と喧嘩になったことがある…という人も多いのではないでしょうか。

家が片付かないことで生まれるトラブル・デメリットとは

ではここで、部屋が片付かないことで生まれるトラブルやデメリットを考えてみましょう。ざっとあげてみただけでも、家の中が片付かないこと、物を捨てられない状態でいつまでも取っておくことには、以下のようなトラブルにつながる可能性があるため要注意です。

  • 「家の中が狭い」と同居家族とトラブルになる
  • いざというときに物が見つからなくなる
  • 部屋の中で快適に過ごせずストレスがたまる
  • 急な来客時に困る
  • 保管環境が悪いせいで大事な物が劣化する可能性がある

一人暮らしならまだしも、片付かない状態の狭い部屋で二人以上で暮らしているときは、トラブルに注意が必要です。快適に過ごせない、いざというときに物が見つからない…といった不便さが目立つようになれば、自分自身だけでなく家族にもストレスを与えてしまいます。また、家が散らかった状態だと、急な来客時に困るのも明らかでしょう。

さらに、大事な物を劣化させてしまう原因を作る可能性もあります。狭い部屋の中に趣味の道具をぞんざいに置いていると、保管環境が悪いせいで、カビが生えたり異臭がしたりなどの劣化につながってしまいます。

収納の少ない狭い部屋をきれいにするための対策

では、収納の狭い部屋をきれいにするにはどのような対策を考えれば良いのでしょうか。具体的な対策を整理していきましょう。

収納ラックを用意する

収納スペースが少ない場合は、カーテン付きの収納ラックや収納棚などを購入して、部屋の中に収納スペースを作るのがまずはおすすめです。大型の収納ラックなら、実質的にクローゼットとして利用できるため、家の中に収納スペースが一つプラスされるというメリットがあります。

もちろん大型の収納ラックであれば狭い部屋を圧迫してしまうというデメリットもありますが、細かい物をまとめて保管しておけるという利便性は大きいでしょう。特にマンションやアパートなどの集合住宅は収納スペースも限られているため、自分自身で収納を用意することはぜひ検討していきましょう。

不要なものはできるだけ処分する

家が片付かないと思った段階で、物を持ちすぎていること、管理できるキャパシティーを超えていることをまずは自覚していきましょう。つまり今の状態からいくつかの物を処分したり別の場所に置いたりしない限り、片付かないという状況からは抜け出せられない可能性があります。

まずは、不要なものをできるだけ処分することから考えてみましょう。長年使用していないものを優先的に、処分の対象として検討してみてください。また、これを機に「1年使っていないものは処分する」といったルールを自分の中に定めることも大切です。

自宅以外の場所に物を移動する(実家・トランクルーム等)

家が片付かないときは、自宅以外の場所に物を移動して保管するという手もあります。収納スペースが少ない、家が狭い、どうしても捨てられない物が多いというときは、自宅以外の場所に保管場所を設けることを考えてみましょう。選択肢としては主に、

  • 実家に送る
  • トランクルームに預ける

などの方法があります。実家から離れて暮らしている人は、実家に趣味の道具や洋服、使わない家電などを保管しておくと、ある程度自由に保管できて安心できます。実家なら保管するのにあたって費用もかかりません。

トランクルームには、レンタルする月額料金はかかるものの、好きな物をレンタルしたトランクルームの広さに収まる分だけ保管できるという強いメリットがあります。リーズナブルなトランクルームなら月額1000円~数千円程度の費用で契約可能なので、家が片付かないときは利用を検討してみましょう。

まとめ

狭い部屋の中で物が片付かないときは、なぜ片付かないのか、なぜ物を捨てられないのか原因を考えたうえで対処法を整理していく必要があります。特に「もったいない」という心理が強く物を捨てる決断がなかなかできない人、片付けが苦手な人は要注意です。

家が片付かないときは、トランクルームを利用して家の中をすっきりさせることもおすすめです。自分自身に合った対策で物を整理整頓して、家の中をきれいで快適に過ごせる空間にしていきましょう。