トランクルーム

短期間利用できるトランクルームはあるの?短期契約可能な貸倉庫を徹底紹介!

「急な来客があるから一時的に荷物を預けたい」
「急な引っ越しや転勤で荷物を一時的に預けたい」

このようなお悩みはありませんか?

トランクルームを利用する際、一般的には「数カ月~数年単位」といった中長期的に利用されるケースが多いです。

こうした一般的なトランクルームを短期間で契約すると、初期費用の観点から割高になってしまう可能性が高いです。

どうせなら費用を押さえて利用したいと思いますよね?
そこでおすすめとなるのが、「短期間で利用できるトランクルーム」になります。

本記事では、トランクルームを短期間で利用する際のポイントや選び方をご紹介します。

さらに、短期利用可能かつ料金の安い、おすすめのトランクルームについてもご紹介するので、コスパの良い、満足のいくトランクルームを見つけられます。

それでは順番に解説していきます。

トランクルームを短期間だけ利用したいときはどのような時?

トランクルームを短期間で利用したいときはどのようなケースがあるでしょうか?

引っ越しや転勤(海外赴任で荷物を持っていけない)
来客があって部屋を空けたい時・見られるのがイヤなものがある
イベントなどで必要な備品を一時的に預けたい
転職活動期間など、不動産で部屋を借りるには期間が短い時に
荷物だけトランクルームに預けて実家に住む場合
部屋が狭く感じたとき
自宅のリフォーム中に仮住まい生活をしているとき

トランクルームを短期契約するときに注意すべきポイントや選び方について

トランクルームを短期契約するときに注意すべきポイント・選び方は以下の5つです。

  1. 最低利用期間を確認する
  2. 初期費用が高くないか
  3. 宅配型トランクルームも活用する
  4. 月額利用料は日割り計算か
  5. 解約の事前告知はいつまでに必要か

それぞれについて詳しく解説します。

最低利用期間を確認する

それぞれのトランクルーム会社によって、最低利用期間が異なります。

まずは「1カ月からでも利用可能か」という視点を持って探すのがいいでしょう。

中には、1週間や1日単位でも利用可能なものもあります。

初期費用が高くないか

トランクルームを短期で利用する場合、月々の利用料だけでなく、初期費用にも重点を置いて確認する必要があります。

宅配型トランクルームも活用する

宅配トランクルームの場合、ほかのトランクルームに比べ、月額利用料が安い傾向にあります。

そのため、初期費用や全体的な費用が安く済む可能性が高いです。

しかし、宅配型トランクルームの中には、「早期取り出し料金」がかかる場合があります。

これは、”荷物を預け入れてから数カ月以内に取り出す際には、保管料の数カ月分の費用を追加で必要とする” というものになります。

この場合は、荷物を預ける期間が「早期取り出し料金」に該当するかを事前に確認し、総合的に判断する必要があります。

月額利用料は日割り計算か

中には、月の途中で契約しても、日割り計算でなく1カ月分の利用料を必要とするケースもあります。
具体例を交えて見ていきましょう。

(例)利用料9,000円 のトランクルームを 4/20に契約した 場合の4月の利用料

日割り計算あり:3,000円 (4/20~4/30 の “10日間分” の利用料)
日割り計算なし:9,000円 (4/1  ~4/30 の “30日間分” の利用料)

具体例を見ても分かる通り、月の途中では、日割り計算なしの方が割高となります。
日割り計算なしの場合、契約日が月末に近づくにつれて1日当たりの利用料が割高になってしまうのです。

月初めに契約する場合はそれほど気にする必要はありませんが、月の後半に契約する場合は注意しましょう。
この点を押さえておけば、費用を安く抑えることが可能です。

解約の事前告知はいつまでに必要か

解約の際にも注意が必要です。

多くのトランクルームが1カ月ごとの更新となるため、解約予定月の前月末日までに解約の手続きを終えている必要があります。

また、契約自体が1カ月ごとのため、解約日を月の途中とした場合でも、日割り計算で月額利用料が安くなることはほとんどありません。

これらを踏まえ、解約の事前告知はいつまでに必要かを確認しておく必要があります。

料金の安いおすすめトランクルームはコレ!

料金の安い、おすすめのトランクルームについてご紹介します。

短期間の利用ができるおすすめトランクルーム 

トランクルームを短期で利用する際のポイントとして欠かせないのが、初期費用になります。
そのため、初期費用が安く、短期利用に向いているトランクルーム会社をご紹介します。

キュラーズ

キュラーズは、屋内タイプのトランクルームで、都市部を中心に展開しています。
ビル全館をトランクルームとしており、きれい・安心・快適な収納環境を整えています。

キュラーズの特徴は、初期費用が安く、短期利用に向いているトランクルームの1つです。

一般的な「事務手数料」や「管理費」、「保証金」が不要で、「月額利用料」と「セキュリティカード費」しかかかりません。

ただし、契約は1カ月ごとの更新となるため、解約予定日の前月末日までに通知する必要があります。
解約日が月の途中となっても日割りの返金はないため、注意が必要です。

加瀬のレンタルボックス

加瀬のレンタルボックスは、屋外タイプを中心に、屋内タイプやバイクタイプといった、多種多様なトランクルームを扱っています。

加瀬のレンタルボックスの初期費用
・月額利用料2カ月分
【詳細】
・月額利用料:当月無料、翌月分
・事務手数料:月額利用料の1カ月分
※2カ月以下で契約する場合は、電話でのお申し込みが必要となります。

宅配型トランクルーム

段ボール1つ分の荷物から預けることが可能で、少ない荷物を預けたい方へおすすめのタイプになります。
また、荷物の搬出・搬入時に現地まで出向く必要がなく、宅配便で行うことが可能です。

初期費用が安いだけでなく、解約料金がかからないトランクルーム会社もあります。
ここでは、解約料金がかからない、短期利用に向いている宅配型トランクルーム会社をいくつかご紹介します。

預けるものの大きさにもよりますが、初期費用、解約料金を抑えられるメリットはとても大きいです。
ただし、宅配トランクルームについては、「早期取り出し料金」が必要となる場合が多いです。

これは、”荷物を預け入れてから数カ月以内に取り出す際には、保管料の数カ月分の費用を追加で必要とする” というものになります。

金額としては、月額利用料1カ月~5カ月分程度になります。
荷物を預けた直後であるほど、高くなります。

そこで、「早期取り出し料金」かからない、短期利用に向いている宅配トランクルームをご紹介します。

宅トラ
エアトランク

まとめ

トランクルームを短期利用するときのポイントや選び方について解説してきました。
繰り返しになりますが、ポイントは、以下の5つです。

  1. 最低利用期間を確認する
  2. 初期費用が高くないか
  3. 宅配型トランクルームも活用する
  4. 月額利用料は日割り計算か
  5. 解約の事前告知はいつまでに必要か

これらのポイントを踏まえ、ご自身の状況に適したトランクルームを活用してみてください!

RELATED POST