用途/コラム

Tシャツの保管は難しい!衣替えで後悔しないためにおすすめの保管場所や収納方法を徹底紹介!

Tシャツを保管・収納方法には、「シワをならない状態で保管したいのにうまくいかない…」と悩むことが多いものです。

特に衣替えのタイミングで夏に着たTシャツを長期的に保管する際には、シワや型崩れなどが気になるポイントになります。そこで今回は、衣替えで後悔にしないためにも、Tシャツの正しい保管・収納方法やおすすめの保管場所について詳しく解説していきます。

お気に入りのTシャツを劣化させて困らないよう、Tシャツの正しい保管方法はしっかりとチェックしておきましょう。

Tシャツ保管・収納におけるトラブルや悩み

Tシャツを保管する際には、以下のようなことに悩むことが多いものです。

  • シワだらけにならないか心配
  • 虫食いなどの被害を受けないか不安
  • 型崩れやハンガーの跡が気になる
  • 保管中にプリント部分がくっついたことがある

このようなトラブル・悩みは、Tシャツをクローゼットや洋服ダンスの中に保管する際にありがちなことです。

部屋着として何度も着ているTシャツならまだしも、お気に入りのブランドTシャツや一点もののオリジナルプリントTシャツ、アーティストのコンサートグッズのTシャツなど、大切なTシャツが保管中にこのようなかたちで劣化してしまうのは、なんとしても避けたいところです。

Tシャツを保管する際に知っておきたい正しいお手入れのポイント

まずは、Tシャツを綺麗な状態で長持ちさせるために実践しておきたいお手入れの方法・コツを整理しておきましょう。

大事なTシャツの洗濯は洗濯機ではなく手洗いがおすすめ

いつまでも大事にとっておきたいTシャツは、手洗いでなるべく負担をかけないように洗濯するのがおすすめです。Tシャツは洗濯機による洗濯で劣化しやすいデリケートな衣類なので、洗濯機で頻繁に洗うとすぐに生地が伸びてヨレヨレになったり、色褪せたりしてしまいます。

手洗いする際にはぬるま湯を用意して、優しくマッサージするように洗うのがコツです。生地同士をゴシゴシとこすりつけると、プリントがはがれたり型崩れしたりする原因になるため気をつけましょう。また、漂白剤も劣化を防ぐためにも基本的には使わないようにしてください。

また、洗濯機で洗うときは少しでもTシャツへのダメージが少ないように対策できるのが一番です。洗濯ネットに入れて、裏返しにして負担を軽減させた状態で洗うのがおすすめです。

ハンガーにかけて干すときのポイント

Tシャツをハンガーにかけた状態で干すと、干している間にハンガーの跡がついてしまうといった劣化につながります。そのためハンガーにかけるときは、肩部分にかけて干すのではなく、二つ折りにしてハンガーにかけるのが望ましいでしょう。

また、干す場所にも注意したいところです。Tシャツは直射日光によって色褪せなどの劣化が目立つようになるため、風通しの良い場所で陰干しするのがおすすめです。陰干しすることで、色褪せを防ぎつつ綺麗な状態でTシャツを乾燥させることができます。

Tシャツを保管・収納するときのポイント

保管中に傷みやすいという特徴が目立つTシャツは、収納・保管のコツや正しい方法を理解しておくことが何よりも大切です。どのように保管すると劣化しにくいのかをチェックしたうえで、お気に入りのTシャツを綺麗な状態で長持ちさせていきましょう。

ハンガーにかける場合はハンガーの選び方にこだわる

ハンガーにかけてTシャツを保管する際には、できるだけ肩や首部分を保管中に型崩れさせてしまわないよう、厚みのあるハンガーを選ぶことが大切です。

厚みのあるハンガーや丸みのある形のハンガーなら、Tシャツの肩部分が自然なかたちになるため、保管中に型崩れする心配も少なくなります。Tシャツをハンガーにかけて保管する場合は、ハンガーもTシャツ保管に適したものを選ぶようにしましょう。

たたんで収納するときはしまう前にアイロンをかける

たたんで洋服ダンスや衣装ケースの中にTシャツを収納する場合は、なるべくアイロンをかけた状態でたたんで収納することをおすすめします。すると衣替えなどで長期的に保管する場合でも、比較的シワはつきにくくなります。

また、衣替えの際に長くTシャツを保管する場合は、直近で着たわけではなくても、基本的に洗濯してから保管するようにしましょう。たたんで収納する場合は、洗濯→アイロン→たたんで収納…といったかたちで保管すると、保管中の劣化を極力防ぐことができます。

防虫剤・乾燥剤を用意するのを忘れずに

保管中にTシャツが虫食いに遭ったり、カビが生えたりすることはよくあることです。そのためお気に入りのTシャツを衣替えなどで長期的に保管する場合は、必ず防虫剤や乾燥剤などを用意して、対策をしっかりと行っておきましょう。また、ものによっては保管中に臭いが付いてしまうこともあるため、防虫剤や乾燥材は無臭のタイプを選ぶのがおすすめです。

Tシャツを家に収納しきれないときおすすめの保管場所

たくさんの服を持っている人は、Tシャツを家の収納スペースだけでは保管しきれないことも出てくるでしょう。もしくは家族が多かったり、服以外にクローゼットにしまっておくものが多かったりするときは、Tシャツの保管場所に困ってしまうことも珍しくありません。

そんなときは、以下の方法で保管場所を用意するのがおすすめです。

クリーニングの保管サービスを利用する

クリーニング店が実施している洋服の保管サービスなら、Tシャツなどの洋服をクリーニングに出しながら、シーズンオフの間は預かってもらうことができます。

預かってもらう際に費用はかかりますが、Tシャツなどの洋服を家以外の場所で保管できるのが大きなメリットになります。服のコレクションが多い人、家族が多い人、家の収納スペースが少ない人にはとてもおすすめです。クリーニングもあわせて頼めるのも、手間が減るので嬉しいポイントになります。

トランクルームに保管する

Tシャツを保管する場所としては、トランクルームもおすすめです。トランクルームには基本的に自由に私物を預けておけるため、衣替えでたくさんの衣類を保管しておくのには非常に便利です。Tシャツ以外の服はもちろんのこと、家具や家電、趣味で集めたものなど、さまざまなものを保管できるため引っ越しのときなども助かります。

また、Tシャツだけを数点預ける場合は、宅配型のトランクルームが安い費用で済むためとてもおすすめです。宅配型なら専用の収納用段ボールなどを活用することで、宅配で預けるものをやり取りできます。保管したいTシャツが数点のみの場合は、宅配型のトランクルームでリーズナブルに済ませるという方法もあるのでぜひ検討しておきましょう。

ちなみにトランクルームにTシャツを預ける場合は、基本的に空調設備のあるトランクルームを選ぶようにしてください。一定の温度の状態で管理されているトランクルームでなければ、保管中にカビが生えるなどのトラブルにつながる可能性があるためです。

まとめ

Tシャツを綺麗な状態で長持ちさせるためには、正しいお手入れの方法・保管や収納の方法をマスターすることが大切です。高価なブランドのTシャツ、デザインが気に入っているTシャツ、コンサートグッズのTシャツなどは、特に大事に保管しておきたいところです。

また、保管場所に困ったときは、トランクルームを契約するなどの方法も積極的に考えていきましょう。トランクルームやクリーニングの保管サービスなどを利用すれば、衣替えの際にたくさんの衣類を保管する場合でも困らないのが大きなメリットになります。

RELATED POST