トランクルーム

大事なバイクの保管はトランクルームが最適!劣化や盗難から愛車を守るメリットを解説!

バイクの保管場所に困ることは少なくないため、ちょうどいい保管場所を探している人は多いのではないでしょうか。

しかし自宅以外のところにバイクを保管しておくのはなかなか難しく、結局のところ良いスペースが見つからない…と悩みに感じてしまうことは多いものです。

そこで今回は、バイクの保管場所としてのトランクルームについて解説していきます。おすすめポイントや保管するメリットを整理したうえで、おすすめのトランクルーム事業者もチェックしていくので、これからトランクルームを利用しようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

バイクの保管場所に困るのはなぜか

大事な愛車はしっかりと保管できる場所に置いておきたいものですが、家の周辺にバイクを置くとなると、自宅に車庫やスペースがない限りは、やはり駐車場を借りるしかなくなってきます。

しかし駐車場にバイクを停めておくことには、意外と多くのデメリットがつきものとなります。まず駐車場代がかかって毎月の出費がかさむのはもちろんのこと、場所によっては盗難が心配…という人も少なくないでしょう。また、野ざらしになる保管場所では保管中の劣化も心配なものです。

さらに、狭い駐車スペースではバイクの整備をしたいときも不便する場合も多く、バイク好きの人にとってはこれも大きな悩みにつながるといえるでしょう。このようにバイクの保管場所に悩みはつきもので、愛車を大事に使っていくためには、この悩みをしっかりと解決していくことが重要となります。

バイクの保管場所はトランクルームがおすすめ

保管場所に困ったときにチェックしておきたいのが、バイクの保管ができるトランクルームです。

バイクガレージのあるトランクルームなら、大事な愛車を安心して保管することが可能で、実際に多くの人がトランクルームを利用してバイクを保管しています。

保管場所としてトランクルームがおすすめの理由やメリットには、主に以下のような点があげられます。

防犯対策は万全

まず、トランクルームでバイクを保管すれば盗難の心配をすることなく、安心して愛車を預けておくことができます。

トランクルームは個人で契約する貸倉庫のため、基本的に専用の鍵を持たない人は、トランクルーム内に入ることはできません。そのため保管中に盗難に遭うリスクは極めて低いといえるでしょう。

また、トランクルーム会社は、施設・店舗内に防犯カメラを用意するなどの防犯対策を行っていることがほとんどです。もちろん保管の費用はかかりますが、安心度が高いためメリットは十分にあるといえます。

保管中の劣化リスクが少ない

トランクルームでバイクを保管すれば、劣化のリスクも少なくなります。屋外ではなく屋内にバイクをしまった状態で保管することができるため、雨風や日光に常にさらされることでの劣化が少なくなるのです。

駐車場に停めておくと野ざらしになるせいでバイクが傷みそう…と不安に感じている人にとっては、これは非常に大きなメリットになります。

屋根付きの駐車場でも完全に屋内のガレージと比べれば劣化のリスクは高まりますし、保管中の劣化や故障のリスクを極力少なくしたい人にとっては、トランクルームの保管は最適といえるでしょう。

バイク用品もあわせて保管できる

トランクルームには、バイク用品や整備に使う道具などをあわせて保管しておけるというメリットもあります。

ガレージ内に棚があったり、自分自身で棚を用意して置いておけたりするところなら、たくさんある道具もしっかり整理したうえで保管できます。

通常の駐車スペースとなるとその他の道具を一緒に置いておくわけにはいかないため、バイクメンテナンスが楽になるという良さが生まれます。

いつでも出し入れが可能

多くのトランクルームは、24時間365日出し入れ自由という嬉しいルールになっています。そのため駐車スペースに置いているのと同じように、好きなときにバイクを出し入れできるのは助かるところでしょう。

例えば休日の朝早い時間からツーリングに出かける際にも、トランクルームにバイクを保管しておけば時間帯を気にせずに保管していたバイクを出すことができます。

バイク保管におすすめのトランクルーム5選を紹介

バイクの保管にトランクルームを利用する際には、バイクの保管OKとしているトランクルームや、バイクガレージとして貸し出しているトランクルームを見つけることが重要です。

ここからはおすすめのトランクルーム事業者を紹介していくので、自宅や職場の近くで店舗をぜひ見つけてみましょう。

加瀬倉庫

画像出典元:https://www.kase3535.com/

トランクルーム事業者大手の加瀬倉庫は、通常のトランクルームのほかにバイク専用のバイクヤードの貸し出しを行っています。加瀬倉庫は全国的に店舗をたくさん展開しているため、近隣で店舗を見つけやすいのがポイントです。

また、加瀬倉庫のバイクヤードは、屋内・屋外・共同・個別といったようにさまざまなタイプを選ぶことができます。用途や予算、保管の際のこだわりにあわせて選べるので、バイク保管場所を見つけるならぜひ真っ先にチェックしておきたいところです。

加瀬倉庫を詳しくみてみる

ハローストレージ

画像出典元:https://www.hello-storage.com/

ハローストレージも加瀬倉庫と同じくトランクルーム事業者大手として有名です。全国各地に店舗があるため、バイク用のガレージも充実しています。

バイク保管にはボックスタイプ、パーキングタイプ、ガレージタイプの3つの選択肢があります。どれもセキュリティ設備は充実しており、ガレージタイプには電源コンセントも設置されているためメンテナンスの際に活用できるのがポイントです。

ハローストレージを詳しくみてみる

ドッとあ~るコンテナ

画像出典元:https://www.r-contena.jp/

トランクルームやコンテナ、倉庫、そしてバイクガレージのレンタルを行っている大手の事業者です。バイク用ガレージは奥行きのあるものなので、バイクの収納には一切困らないのがポイントです。

セキュリティ設備ももちろん徹底されているため、盗難やいたずらの心配をすることなく愛車を預けておけます。

ドッとあ~るコンテナを詳しくみてみる

イナバボックス

画像出典元:https://www.inaba-box.jp/

屋内型・屋外型両方のトランクルームの貸し出しを行っているトランクルーム事業者で、関東や関西などの地域を中心に店舗を展開しています。

イナバボックスにはバイク収納可能なトランクルームも多くあり、中には空調設備のあるタイプもあるため、しっかりとした環境でバイクを保管できるという強いメリットを感じられます。

イナバボックスを詳しくみてみる

オレンジコンテナ

画像出典元:https://rentalbox.jp/

関東や関西などで複数の店舗を展開するオレンジコンテナにも、利用しやすいバイクボックスがあるためチェックしておきたいところです。

2畳、2.6畳、4畳といったように広さもさまざまあるため、予算やバイクの種類などによって選びやすいのがポイントです。棚も用意されているためバイク用品を保管するのにもおすすめです。収納しやすいようにスロープもついています。

オレンジコンテナを詳しくみてみる

まとめ

バイクを保管する際に場所に困ったときは、トランクルームの利用をぜひ考えてみましょう。

トランクルームにはバイク専用のタイプも多くあり、セキュリティ設備もしっかり完備されていることから、盗難やいたずらのリスクが少ないのがポイントです。

また、屋内で管理できれば、雨風や日光でバイクが劣化する心配も少なくとても安心できます。特に全国的に多くの店舗を構える大手のトランクルーム事業者なら、自宅近くで店舗も見つけやすいでしょう。

バイクの保管に困る…となったときは、周辺でちょうどいいトランクルームを探してみてください。

RELATED POST