用途/コラム

カーペットの収納はどうすべき?保管場所に困ったときの対処法を紹介!

「暖かくなってきたし、冬用のカーペットを収納したい。」
「オフシーズンの間は出番がないし、カーペットのために収納スペースを取られるのはもったいないな。」

このようなお悩みはありませんか?
お部屋のイメージに大きく左右するカーペット。

夏用と冬用で使い分けている方も多いのではないでしょうか。
オフシーズンのものを片付けるとき、意外と重くて大変ですよね。

それだけでなく、折り目が付かないように気を付けたり、ぐるぐる巻きにして保管するため、意外とかさばってしまいますよね。

マンションやアパート暮らしの方の中には、「収納スペースが足りない!」と感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメな収納方法が、「トランクルーム」の活用になります!
トランクルームとは、荷物を預けられる施設のことを指します。

トランクルームを活用することで、お気に入りのカーペットを収納することが可能です。

カーペットを適切な環境で保管できるほか、カーペットの収納に取られていたスペースをほかの用途で使用することができるようになります。

この記事を読んでいただくと、以下のことが分かるようになります。

それでは順番に解説していきます。

カーペットの収納で困ることは?

シーズンオフとなったカーペットは、一度クローゼットに片付けたいと思いますよね。

カーペットを収納する際に困るのが、

  • 「正しい収納方法が分からない…。」
  • 「適切な環境で収納できる場所がない…。」

というような内容ではないでしょうか。

また、収納する前にしっかり手入れをしなかったり、保管方法を間違ってしまうと、

カビやシミが付いて使えなくなる
シワが付いて見た目が悪くなる

などの問題に発展してしまいます。
このような事態を防ぐために、正しい保管方法を学んで、適切な環境で保管できるようにしましょう。

この記事で学んだことを実践することで、カーペットを正しく保管できるようになり、良い状態で長く使い続けることができるようになります。

大切なカーペットのためにも、しっかり学んでいきましょう。

カーペットの正しい保管方法について

まずは、カーペットの正しい保管方法についてご紹介します。

収納前に汚れを取り除く

掃除機やコロコロを使ってゴミを除去した後、中性洗剤を使用して拭き上げるとよりキレイになります。

カーペットの材質によって、お手入れの方法が異なります。お手入れの前に必ず取扱説明書を確認しましょう。

除湿剤やすのこを活用して湿気を逃す

カーペットを保管する際、湿気は大敵となります。湿気によって、お気に入りのカーペットが変色したり、カビやシミが発生したりしてしまいます。

カーペットの保管場所に除湿剤を置いたり、カーペットの下にすのこを敷くことである程度の対策は可能です。

カーペットの間に新聞紙を挟んだ状態で巻く

こちらも湿気対策になります。

新聞紙は吸湿性があるため、湿気を吸い取ってくれます。

ただし、吸湿できる量には限りがあるため、適度に新聞紙の入替えをする必要があります。

丸めて保管する

カーペットを保管する際は、丸めた状態で保管しましょう。

たたんで保管していると、折り目やたたみジワが付いてしまいます。

丸めて保管することで、折り目やたたみジワの防止に繋がります。

カーペットを片付ける際にやってはいけないNGなこと

次に、カーペットを片付ける際にやってはいけないNGなことをご紹介します。
基本的には、先ほどご紹介した「正しい保管方法」の裏返しになります。

汚れを取り除かずに収納する
変色やカビ、シミの発生に繋がる

洗濯した後、完全に乾く前に丸めてしまう
変色やカビ、シミの発生に繋がる

たたんで収納する
カーペットに折り目が付いてしまう

収納したカーペットの上に別の荷物を載せる
カーペットに折り目が付いてしまう

注意すべきポイントとしては、以下の2点が重要となります。

  • 保管前に汚れや湿気を取り除くこと
  • カーペットの保管のために十分なスペースを確保すること

特に、保管スペースを確保できないと、カーペットの上に別の荷物を載せた状態になってしまい、カーペットに折り目が付いてしまう可能性があります。

しかし自宅にはカーペットを広々と置けるスペースなんてないという方も多いと思います。
そのような方におすすめなのが、「トランクルーム」になります。

その理由については、次の章で詳しく解説します。

保管場所がない!かさばるカーペットの収納の解決策

自宅の収納場所が狭く、カーペットを保管できるだけの十分な広さがない場合、「トランクルーム」の利用がオススメとなります。

トランクルームとは、荷物を預けられる施設のことを指します。
トランクルームを活用することで、大切なカーペットを適切な環境で保管することが可能です。

また、カーペットの保管のために使用していたスペースをほかの用途で使用することが可能となるメリットもあります。

こちらではカーペットを収納する際におすすめなトランクルームについてご紹介します。

トランクルームには「屋内型」「屋外型」「宅配型」の3タイプあります。
このタイプ別のトランクルームの説明は下記の関連記事を参考にしてくださいね。

【最新版】タイプ別にトランクルームのおすすめ22社を徹底紹介!この記事ではタイプ別におすすめのトランクルームを22社紹介しています。屋内型・屋外型・宅配型それぞれピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...

カーペットの収納に便利なトランクルームは?

結論から申し上げると、「屋内タイプ」が最もおすすめとなります。
費用を安く抑えたい方には、「屋外タイプ」も選択肢に入ってきます。

「屋内タイプ」は、ビルなどの建物の中に収納スペースを設けているタイプになります。温度や湿度を管理しているトランクルーム会社が多く、カーペットを大切に保管するには最適な環境といえます。

ただし、保管方法のところでも触れた通り、保管前の準備は念入りに行いましょう。

汚れを落とす、折りたたまずに丸めて保管するなどの最低限のことを気を付けることで、カーペットを長く使い続けることができるようになります。

「屋内タイプ」よりも費用を安く抑えたい方には、「屋外タイプ」がおすすめになります。
「屋外タイプ」は、屋外に設置しているコンテナなどへ荷物を収納するタイプになります。

保管環境の整備が簡素な分、「屋内タイプ」に比べて費用を安く抑えることが可能です。
その一方で、屋外に保管するため、「屋内タイプ」と違って温度や湿度の管理は難しいです。

そのため、湿気を嫌うカーペットを保管する際には、湿気対策が必要となります。

具体的には、断熱材を使用しているタイプのトランクルームを探すか、すのこや除湿剤を活用することである程度の対策が可能です。

しかし、やはりどのような対策を取っても「屋内タイプ」の環境には及びません。
そのため、予算に余裕のある方は「屋内タイプ」を活用しましょう。

まとめ

今回は、カーペットの収納方法について解説してきました。

カーペットは、かさばって場所を取るほか、保管方法を誤るとカビやシミなどのトラブルに繋がってしまうので注意が必要です。

「カーペットを適切に保管できるだけのスペースがない」という方は徹底した室内環境が整備された「トランクルーム」の利用をおすすめします。

保管環境の良好さから、「屋内タイプ」のトランクルームをおすすめとしてご紹介させていただきました。トランクルームを活用することで、カーペットを適切な環境で保管できるようになります。

さらに、自宅の収納スペースを広々と有効活用できるようになるメリットもあります。
大切なカーペットを良い状態で長く使い続けるためにも、トランクルームの活用をぜひ検討してみてください!

RELATED POST