用途/コラム

使わない大量のスーツをカビから守り自宅クローゼットをスッキリさせる保管術!

「スーツってどうやって保管すればいいの?」「しばらく着る予定もないし、スーツをどこか別の場所で保管したいな…」

このような悩みはありませんか?

社会人であれば、誰もが持っている「スーツ」。

誰もが持っている一方で、使用頻度はそこまで高くない人も多いはずです。営業職など、お客さんと直接応対する職種の方を除くと、就職活動、冠婚葬祭といった特別なイベントでしか利用しない方も多いでしょう。

そのような場合、クローゼットなどで保管されている時間が大半となりますが、正しく保管していないとスーツの傷みが早くなってしまいます。

そこで、今回の記事では、スーツを保管する際に気を付けるべきことについて解説します。

また、自宅以外での賢い保管方法として、「トランクルーム」を活用することが挙げられます。
スーツを保管するためのトランクルーム活用術についてもご紹介します。

この記事を読んでいただくと、以下のことが分かるようになります。

それでは順番に解説していきます。

スーツの収納や保管で困ること

社会人であれば誰もが1着以上は持っているスーツですが、その取り扱いを面倒に感じる人は多いのではないでしょうか。

スーツの収納や保管の際に困ることについて例を挙げてみました。

  • クローゼットに詰めすぎてシワになる
  • 保管環境が悪く、カビ、虫食いが発生する
  • 適切な保管環境が分からない、分かっていても管理するのが大変
  • 収納スペースを取られる
  • 子どもやペットに汚される、傷付けられる

保管の状態が悪いと大事なスーツはどうなる?

スーツの保管状態が悪いと、「シワ」、「虫食い」、「型崩れ」、「カビ」などののトラブルに繋がりかねません。

これらの問題に対して、「クリーニングに出す」ことである程度は対策が可能です。

しかし、クリーニング後のスーツでも、適切な環境で保管しなければ、結局同じようなトラブルに繋がってしまいます。

また、社会人であれば、スーツを複数着持っている方も多いでしょう。

そのような場合、保管スペースが足りず、スーツ同士が密着した状態で保管することになってしまいます。こうした環境ではスーツにダメージを与えやすく、その結果、スーツのトラブルに繋がったり、スーツの劣化が進行しやすくなってしまいます。

そうすると、スーツの買い替え頻度が高くなり、余分な出費がかさんでしまいます。

不定期でスーツを着用するシーンとしては、冠婚葬祭やパーティーなど「かしこまった場」である場合が多いです。

そのような場に保管状態が悪くシワシワなスーツを着ていくと恥ずかしい思いをしてしまうでしょう。
周りの方々から「自己管理のできない人」という印象を持たれるかもしれません。

このような事態を防ぐためにも、スーツは日頃から適切に管理しておく必要があります。

スーツを長期保管&収納する際に超重要なポイント

スーツを長期保管&収納する際に気を付けるべき、超重要なポイントをご紹介します。

  • 保管前にクリーニングに出す
  • 保管時に不織布のカバーを使用する
  • クローゼットに防虫剤、除湿剤
  • 1カ月に1回は陰干しをして湿気を飛ばす
  • 小さな子どもやペットが近づけない場所で保管する

これらに気を付けて収納するだけで、スーツの寿命は長持ちします。
上記のポイントのうち、クリーニングなどは比較的カンタンに出すことができます。

一方で、「防虫剤や除湿剤の管理」、「陰干しによる湿気の除去」これらの対策を自宅で徹底して行うことを難しく感じる方は多いのではないでしょうか。

実際、定期的に防虫剤を入れ替えたり、スーツをクローゼットから出して湿気を飛ばしたりすることは大変な手間になるでしょう。

そんな方へのおすすめの対策は、「トランクルームの活用」になります。

着ない大量のスーツの保管&収納はトランクルームの活用がおすすめ!

トランクルームとは、荷物を預けられる施設のことを指します。

適切な環境でスーツを保管できるようになるほか、預け入れた分だけ自宅の収納スペースを広く活用することができるため、一石二鳥な対策といえます。

スーツの保管&収納に適したトランクルームとは?

トランクルームにはさまざまな種類がありますが、ここではスーツの保管&収納に適しているものにスポットを当ててご紹介します。

屋内型トランクルーム

ビルなどの建物の中に収納スペースを設けているタイプになります。
室温や湿度管理をしているところも多く、スーツの保管には最適です。

サイズは、0.5帖~4帖程度のものが多いです。

自宅で保管するよりも良好な環境で保管することも可能なため、スーツのほか、書類や衣類、家具、家電など良好な状態で保管したいものに適しています。

0.5帖~4帖程度の部屋を丸々借りることになるため、スーツ以外の使用頻度の低いものを一緒に預けることで、自宅のスペースをさらに広く快適に活用することができるようにもなります。

一方で、場所を借りているだけなため、スーツが必要となった際は自分でトランクルームまで移動してスーツを取りに行く必要が生じてしまいます。

それが面倒に感じてしまう方には、ハンガーオプションなどを取り扱っている「宅配型トランクルーム」がおすすめです。

宅配型トランクルーム

段ボール1つ分の荷物から預けることが可能で、少量を預けたい方へおすすめのタイプになります。
また、荷物の搬出・搬入時に現地まで出向く必要がなく、宅配便で行うことが可能です。

利用するサービスによっては、預けた荷物をスマホアプリで確認・管理することもできます。
保管している内容物を写真で確認でき、1点ずつ個別に取り出すことが可能な場合もあります。

一方で、宅配型トランクルームは段ボールに詰めて管理することが主流なため、スーツの保管には向いていません。

そのため、宅配型トランクルームの中でも「ハンガー保管オプション」など、ハンガーに掛けて収納することができるトランクルーム会社を選びましょう。

「ハンガー保管オプション」は、サマリーポケットのオプションサービスになります。

また、中には、不要となった物をサービス内のフリマサイトへ出品することができるサービスもあります。

新しいスーツに買い換えた場合は、一旦トランクルームから戻して下取りに出して…という手間をかけることなくスーツを処分することができます。

スーツの収納におすすめのトランクルーム【3選】

サマリーポケット

画像出典元:https://pocket.sumally.com/

項目詳細
運営元株式会社サマリー
月額料金275円~
契約期間1カ月更新
※最低2ヵ月以上保管
支払い方法クレジット

サマリーポケットへ申込みはこちら

AZUKEL

画像出典元:https://www.azukel.com/

項目詳細
運営元株式会社日本パープル
月額料金440円~
契約期間1カ月更新
支払い方法クレジット

AZUKELへ申込みはこちら

宅トラ

画像出典元:https://www.takuhaitrunk.com/

項目詳細
運営元株式会社クオリティライフ・コンシェルジュ
月額料金1,628円~
契約期間1カ月更新
※最低6カ月以上保管
支払い方法クレジット

宅トラへ申込みはこちら

まとめ

スーツの保管方法について解説してきました。

スーツはデリケートな存在なため、大切に扱うのであれば、徹底した室内環境が整備された「トランクルーム」の利用をおすすめします。

トランクルームを活用することで、スーツを適切な環境で保管できるだけでなく、自宅のクローゼットを広々と有効活用できるようになるメリットもあります。

大事なスーツを良い状態で長く使い続けるためにも、トランクルームの活用をぜひ検討してみてください!

RELATED POST