用途/コラム

【引越しの準備が終わらない】その手があったか!荷物の一時預かりに最適|トランクルームの活用方法を徹底解説!

引越しの準備が終わらない!と困ることは、まさに引越しにおける「あるある」の一つです。

引越し前は荷造り以外にも準備としてするべきことがたくさんあるため、準備が思うように進まなくなってしまうことは正直珍しいことではありません。

しかしそれでも容赦なく迫ってくる引越し日…。そんなときは、まとまらない荷物をどう処理すれば良いのでしょうか。

そこで今回は、引越しの荷造り準備が終わらないときの対処法を紹介していきます。

引越し準備が終わらない理由とは?

ある程度じっくり時間をかけて引越し準備を進めてきたつもりでも、引越し当日が近づいても荷造りが終わらないことはよくあることです。

その理由・原因としては下記の理由が考えられます。

  • 仕事などが忙しくてついサボってしまった
  • 荷物が多すぎて荷造りを進める気力がわいてこない
  • 異動や転職などで急に引越しが決まった
  • そもそも引越し前は荷造り以外にもやることが盛りだくさん

これらに当てはまる人は非常に多いのではないでしょうか?

仕事をしながら時間を見つけて荷造りを進めるのは大変ですし、ついサボってしまう心理が生まれるのも無理はないでしょう。荷物が多い人、部屋がかなり散らかっている人は、準備を進めることはかなり億劫なものです。

また、急に引越しが決まったことが原因で準備が追い付かないこともよくあることです。”転勤あり”の会社に勤めている社会人にとっては、会社から「2週間後に〇△ね」といきなり異動を言い渡されることは意外と少なくありません。

そのせいでまともに荷造りができないどころか新居決めすら適当になってしまう…なんてことはよくあるものです。

引越しの準備が終わらないまま引越し当日を迎えると…?

では実際に、引越し準備が完了していない状態で当日を迎えるとどうなってしまうのでしょうか。荷造りをしないことで生まれるデメリット・リスクを整理していきましょう。

荷造りの作業費用が別途かかる

引越し業者に荷物を運んでもらう予定の人は、運搬前に業者に別途荷造りをお願いすることになってしまいます。すると、引越し業者からは荷造りの作業費用を別途請求されるかたちになることがほとんどです。

他には、急遽荷造りの代行サービスを数日前くらいに利用する手もありますが、そうなった場合でも作業費用はその業者に支払う必要があります。いずれにしても荷造りをしない以上、余計な出費は生まれてしまいます。

また、要注意なのは、業者によっては荷造りできていない荷物については梱包&輸送を断られるケースもあるという点です。

万が一輸送を拒否されれば、その荷物については自力でどうにかするしか方法はなくなり、さらに困ってしまうのは明らかです。

本来は必要だったものを捨ててしまう

準備が終わらない状態で前日・当日を迎えると、あわてて荷造りをするせいで、本来は必要だったものをまとめて処分してしまう可能性も生まれます。

つまり、「荷造りが面倒だからこれは捨ててしまえばいいや!」と雑に判断してしまうせいで、後になってから後悔する可能性があるということです。ただ後悔するだけならまだ良いのですが、それがもし仕事などで使う重要なものだとすれば、捨てなければ良かったという後悔だけでは済まないこともあり得ます。

無駄な処分費・買い替え費がかさむ

荷造りを面倒に感じたせいでまとめて捨てたり引越し先で買い替えたりすると、その分の費用がかさんでしまうこともあり得ます。後になって「ちゃんと引越し準備しておけばこんなに出費が出ることはなかったのに…」と困る可能性があるということです。

特に家具や家電の処分・買い替えには高額な費用がかかることも少なくありません。

引越し準備が終わらないときの対処法とは?

ではここからは、引越し準備が終わらないときの対処法を整理していきます。

仕事後~業者が来るまでの時間が勝負!

一人暮らしの人の引越しであれば、徹夜するつもりで作業すれば意外となんとかなることは多いです。

例えば引越し業者が翌日朝10時来る予定だったとしても、前日の仕事後20時くらいからなら14時間は時間があります。14時間も時間があれば、雑でもとにかくひたすら荷物を梱包していけばなんとかなる可能性は高いです。

引越し先で「あれどこいった?」となって困る可能性もありますが、ひとまず無駄な出費が生まれることは防げます。

日にちに余裕のある人は荷造りを業者に依頼する

日にちにまだ少し余裕がある人は、荷造りを代行業者などに依頼してみましょう。便利屋や荷造り作業を行ってくれる業者などに依頼すれば、業者によっては前日などでも相談できる可能性もあります。

依頼料金はかかってしまいますが、業者に頼めば「もう間に合わない!」と困っていた状況でもなんとかなります。費用はかかっても荷造りをどうにか終わらせたい!という人にはおすすめです。

自分で運ぶ・宅急便で送る

荷造りが終わっていない分の荷物は自分で運ぶという手もあります。当日になっても準備が終わっていないものに関しては、自分の車やレンタカーを使って運んだり、宅急便を使って運んでもらったりすることも考えてみましょう。

しかし遠方になればなるほど、輸送には時間もお金もかかるのは覚悟しておく必要があります。

引越し準備が終わらない時はトランクルームを活用するのもアリ!

引越し準備が終わらない場合は、一時預かりの手段としてトランクルームを活用するという方法もおすすめです。

引越し当日まで時間はまだあるものの、荷物の断捨離をしている暇はない…だからといってまとめて処分してしまうのは困る…そんなときには、トランクルームを借りて保管場所を確保すると良いでしょう。

引越しの際にトランクルームを活用するメリット

引越しの際に荷造りが終わらなくても、一時預かりの手段としてトランクルームを活用しておけば、荷造りしていない荷物をいったん避難させることが可能です。

必要最低限の家具家電や洋服などのほかに趣味のものなどが多い人は、トランクルームを利用すれば、引越しを機になくなく捨てるような選択をしなくて済むでしょう。

また、そもそも私物がたくさんある人は、引越し後も保管場所に困ってしまう可能性があります。引越しの一連の作業が落ち着いた後でも、トランクルームは一時預かりの場所でなく第二の収納場所として活用できる場合も多いです。

荷物がたくさんある人は、今後も利用していくことも想定してトランクルームを選ぶと良いでしょう。

トランクルームにものを一時的に預けるときの注意点

注意したいのは、トランクルームの選び方です。引越し作業に追われているせいで、トランクルーム選びについても失敗しないようにだけは気をつけてください。基本的に大事なポイントは2つあります。

1つ目はトランクルームの場所です。一時預かりの場所としてトランクルームを活用するなら、できるだけ引越し先からアクセスしやすい場所のトランクルームを借りられると良いでしょう。引越し先が遠方の場合は、宅配型トランクルームを活用するという手もあります。

2つ目はトランクルームの設備です。大事なものを保管するのであれば、基本的には24時間空調が効いていて、保管環境の悪くないところが一番でしょう。長期的に利用することも考えるなら、特に環境・設備の良いトランクルーム選びは心がけたいところです。

まとめ

引越しのための荷造りが終わらないことは、忙しい社会人であれば意外とよく起こりえることです。必死で作業すれば前日からの荷造りでもなんとかなるケースも多いですが、それでもどうしようもないときはあるものです。

そんなときは自分自身で運んだり、荷造りサービスを利用したりなどの方法を検討していきたいところです。また、必要があればトランクルームを活用して荷物をいったん保管しておくことなども考えていきましょう。

準備が終わらないとただただ焦ってしまうことは多いですが、まずは落ち着いて、引越し当日までに残された時間を加味したうえで最も有効な対処法を選ぶことが大切です。